タグ別アーカイブ: centos

CenOS6.5にPythonのvirtualenv環境とPython2.7、Python3とmod_wsgiをインストールする

CentOS6.5にPythonのvirtualenvをインストールします。
また、CentOSの公式のyumリポジトリには、Python2.6しかありませんので、他のリポジトリからPython2.7, Python3.3をインストールします。
また、apacheとPythonアプリケーションの連携のため、mod_wsgiをインストールします。

それでは、以下の手順で進めます。

まず、Developer toolsとpython-develをインストールします。

yum groupinstall "Development tools”
yum install python-devel

Python2.6用に、mod_wsgiをインストールします。

yum install mod_wsgi

続いて、pip、virtualenvをインストールします。

cd /tmp
wget https://raw.github.com/pypa/pip/master/contrib/get-pip.py
python get-pip.py
pip install virtualenv
pip install virtualenvwrapper   

続いて、python2.7、python3.3をインストールするために、以下のリポジトリを追加します。

rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
rpm -ivh http://dl.iuscommunity.org/pub/ius/stable/CentOS/6/x86_64/ius-release-1.0-11.ius.centos6.noarch.rpm  

これで、yum searchすると、python27、python33が見つかります。

python2.7をインストールします。

yum install python27
yum install python27-devel
yum install python27-setuptools
yum install python27-mod_wsgi

python3.3をインストールします。

yum install python33
yum install python33-devel
yum install python33-setuptools
yum install python33-mod_wsgi 

これで、python2.7とPython3.3がインストールされました。

以下のようにvirtual環境を作って利用できます。

mkvirtualenv --python=/usr/bin/python2.7 testenv

mod_wsgiも、pythonのバージョン毎に別々にあるのですが、これについては別途説明します。